出典:デジタル大辞泉(小学館)

衰えた世の中。末の世。末世。

「同じ―とはいいながら、人の心のまだまだゆるやかなりし証拠なるべし」〈荷風・夜の車〉