出典:デジタル大辞泉(小学館)

電気陰性度の強い二つの原子間に水素原子が入ってできる結合。通常の共有結合よりはるかに弱いが、水分子間や生体のDNAの二重螺旋 (らせん) などでみられ、重要な役割をする。