すいそちょぞう‐ごうきん〔スイソチヨザウガフキン〕【水素貯蔵合金】 の意味

  1. 水素を自己の体積の1000倍以上吸収する能力をもつ合金。材料はニッケルチタン・鉄など。水素を低温・高圧下で吸収し、高温・低圧下で放出する。長時間充電式電池などに利用。水素吸蔵合金。