あいのこ‐ぶね〔あひのこ‐〕【間の子船】 の意味

  1. 日本式と西洋式とをとりまぜてつくった木造帆船。明治後半から大正期にかけて沿岸航路用の荷船として使われた。
  • 名詞