出典:デジタル大辞泉(小学館)

鉛直線を含む任意の平面が、天球と交わってできる大円。天の両極を通るものを天の子午線という。鉛直圏。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉