出典:デジタル大辞泉(小学館)

歌舞伎狂言。世話物。3幕。河竹黙阿弥作。明治18年(1885)東京千歳座の開場に際し、水天宮の利益 (りやく) を利かせ、明治維新後の社会悲劇を取り込んで書き下ろしたもの。通称「筆幸 (ふでこう) 」。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉