出典:デジタル大辞泉(小学館)

比較してどちらがどうということがない。取り立てて優劣はない。いずれとなし。

「おほかたの秋に心は寄せしかど花見るときは―・し」〈拾遺・雑下〉