出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. もののかず。ものの多少を表す概念。「一定の数に満たない」

  1. 数をかぞえること。計数。「数に明るい」

  1. 物事の成り行き。情勢。また、めぐりあわせ。運命。

    1. 「美術の次第に衰うるは天の―なり」〈逍遥小説神髄

  1. 自然数およびこれを順次拡張した、整数有理数実数複素数などの総称。

  1. インド‐ヨーロッパ語で、名詞・代名詞・形容詞・冠詞・動詞の語形によって表される文法範疇 (はんちゅう) 。一つのものには単数、二つ以上のものには複数を区別する。その他、言語によっては双数・三数・四数もある。日本語には、文法範疇としては存在しない。

  1. 数をかぞえる語の上に付いて、2、3か5、6ぐらいの数量を漠然と表す。「数組」「数ページ」「数メートル」→数名