すう‐ちょくせん【数直線】 の意味

  1. 一つの直線上に座標をつけて、その点で数を表すようにしたもの。数を目盛った直線。
  • 名詞