出典:デジタル大辞泉(小学館)

数式で用いる、正の数を表す符号「+」と、負の数を表す符号「-」。