出典:デジタル大辞泉(小学館)

super CCD honeycom》デジタルカメラの撮像素子、CCDの方式の一。富士写真フイルム(現富士フイルム)が平成11年(1999)に第1世代を開発。CCDの画素の配列を、従来の格子型から蜂の巣のようなハニカム型にして受光効率を高めたもの。商標名。