す・える〔すゑる〕【据える】 の意味

  1. [動ア下一][文]す・う[ワ下二]
  1. 物を、ある場所に動かないように置く。「大砲を―・える」「三脚を―・える」
  1. 建造物などを設ける。「本陣を―・える」「関所を―・える」
  1. 位置を定めて人を座らせる。「上座に―・える」
  1. ある地位や任務に就かせる。「部長に―・える」「見張りに―・える」
  1. 心をしっかりと居定まらせる。「度胸を―・える」「腹を―・える」
  1. 厳しい視線を置きつづける。「目を―・える」
  1. 灸 (きゅう) をする。「灸を―・える」
  1. 捺印 (なついん) する。「印を―・える」
  1. 鳥などを止まらせる。
    • 「矢形尾の真白の鷹をやどに―・ゑ掻 (か) き撫 (な) で見つつ飼はくし良しも」〈・四一五五〉
  1. 10 植えつける。
    • 「世の中の常の理 (ことわり) かくさまになり来にけらし―・ゑし種から」〈・三七六一〉
  1. [補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→据 (す) ゆ
  • す・える〔すゑる〕【据える】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・が、叔母はそれは敷かずに、机の側へ腰を据えると、さも大事件でも起ったように、小さな声で話し出した。

      芥川竜之介「お律と子等と」

    • ・・・すると三浦はしばらくの間、私の問が聞えないように、まだ月代もしない御竹倉の空をじっと眺めていましたが、やがてその眼を私の顔に据えると、低いながらも力のある声で、『どうもしない。

      芥川竜之介「開化の良人」

    • ・・・ 清水はひとり、松の翠に、水晶の鎧を揺据える

      泉鏡花「瓜の涙」