出典:デジタル大辞泉(小学館)

直垂 (ひたたれ) の一種。裏をつけない布製で、菊綴 (きくとじ) や胸ひもに革を用いる。略儀の所用で、室町時代は庶民も日常に着用した。江戸時代には形式化して長袴 (ながばかま) をはくことが普通になり、大紋と同じように定紋をつけ、侍烏帽子 (さむらいえぼし) 熨斗目 (のしめ) 小袖を併用し、平士 (ひらざむらい) や陪臣の礼服とされた。

出典:青空文庫