• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ずがい‐こつ〔ヅガイ‐〕【頭蓋骨】 の意味

  • ずがい‐こつ〔ヅガイ‐〕【頭蓋骨】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・それをお前帽子に喰着けた金ぴかの手前、芝居をしやがって……え、芝居をしやがったんたが飛んで行って、其の頭蓋骨を破ったので、迸る血烟と共に、彼は階子を逆落しにもんどりを打って小蒸汽の錨の下に落ちて、横腹に大負傷をしたのである。

      有島武郎「かんかん虫」

    • ・・・オットセイの黒ずんだ肉を売る店があったり、猿の頭蓋骨や、竜のおとし児の黒焼を売る黒焼屋があったり、ゲンノショウコやドクダミを売る薬屋があったり、薬屋の多いところだと思っていると、物尺やハカリを売る店が何軒もあったり、岩おこし屋の軒先に井戸が・・・

      織田作之助「アド・バルーン」

    • ・・・その眼は、頭蓋骨の真中へ向けられ、何か一つの事にすべての注意を奪われている恰好だった。

      黒島伝治「氷河」