出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. 物と物との間隔を少しあける。すきまをつくる。「板を―・して作った縁台」

  1. こんでいるものを間引いてまばらにする。間隔を粗くする。「剪定 (せんてい) して枝を―・す」

  1. あけておく。時間をあける。「手を―・す」

  1. タイミングをはずして、肩すかしをくわせる。「でばなを―・される」

  1. 間から通るようにする。物を通して見えるようにする。「ガラスを―・して見る」

  1. 透けて見えるようにする。「模様を―・した紙」

  1. 音を立てないで屁 (へ) をする。「こっそり―・す」

  1. 減らす。

    1. 「京中の勢 (せい) をばさのみ―・すまじかりしものを」〈太平記・九〉

  1. 場をはずす。

    1. 「足もとの明かい時、はやう―・さう」〈虎明狂・痩松

  1. 10 油断する。

    1. 「万事に一つも―・さぬ人の言へり」〈浮・織留・五〉

[可能]すかせる

出典:青空文庫