出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]
  1. 切れ味がよく、思いのままに切れるさま。

    1. 「茨など生いしげりて…―と切って払いて」〈鏡花・竜潭譚〉

  1. 鼻で数度、外気を強く吸い入れるさま。

    1. 「あっちこっちに鼻先を振り向け、頻りに―息を吸い込んでいたが」〈里見弴・今年竹〉

  1. 滞りなく事が運ぶさま。

    1. 「あまりのことのうれしさに、―と走り寄り」〈仮・四人比丘尼〉

[形動][文][ナリ]物の中身や、ある範囲の空間に、すきまがたくさんあるさま。「水気のないすかすかな大根」「昼間なので、車内はすかすかだった」

[アクセント]カスカ、はスカスカ