出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]

  1. スゲの根は長く伸びて分かれ乱れるところから、「ながき」「乱る」にかかる。

    1. 「―長き春日 (はるひ) を恋ひ渡るかも」〈・一九二一〉

  1. 「ね」の同音から、「ねもころ」にかかる。

    1. 「―ねもころ君が結びたるわが紐 (ひも) の緒を」〈・二四七三〉

[補説]「根を絶つ」の意から「絶ゆ」を起こす序詞の一部にも用いられた。
  • 「かきつはた佐紀沢に生ふる菅の根の絶ゆとや君が見えぬこのころ」〈・三〇五二〉