すが・る【×縋る】 の意味

  1. [動ラ五(四)]
  1. 頼りとするものにつかまる。「命綱に―・る」「手すりに―・って歩く」
  1. 助力を求めて頼りとする。「人の情けに―・る」
  1. [可能]すがれる[ラ下一]
  • すが・る【×縋る】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・世に人にたすけのない時、源氏も平家も、取縋るのは神仏である。

      泉鏡花「瓜の涙」

    • ・・・草には露、目には涙、縋る土にもしとしとと、もみじを映す糸のような紅の清水が流れた。

      泉鏡花「小春の狐」

    • ・・・ とその男が圧えて、低い声で縋るように言った。

      泉鏡花「菎蒻本」