(すぎ)(お)り掛(か)・く の意味

  1. 酒を売る家のしるしとして、杉の枝葉を束ねたものを軒につるす。
    • 「わら葺 (ふ) ける軒に―・けて」〈浮・五人女・三〉