出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 両手と頭とを下につけてする逆立ち。

    1. 「宙返り、きばても―でもいたします」〈洒・客者評判記〉

  1. 長い竿 (さお) にのぼり、足をひっかけて逆さになり、しばらくしてからだを1回転させて地面に降り立つこと。角兵衛獅子 (かくべえじし) などがする。

[生活/その他]カテゴリの言葉