出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ガ上一][文]す・ぐ[ガ上二]
  1. ある場所を通り越す。通過する。通りすぎる。「列車は京都駅を―・ぎた」「優勝パレードが―・ぎて行った」「嵐が―・ぎる」

  1. 時間が経過する。時がたつ。時が移り、その時間・時期が終わりになる。「予定の時間が―・ぎる」「―・ぎた昔を懐かしむ」「夏休みもあっけなく―・ぎた」「盛りを―・ぎる」

  1. 一定の数量をこえる。「六十を―・ぎても髪は黒々している」「二十 (はたち) を―・ぎる」

  1. 普通の程度・水準をこえている。「いたずらが―・ぎる」「わがままが―・ぎる」

  1. (「…にすぎる」の形で)つりあわないほどすぐれている、勝 (まさ) る。分以上である。「彼には―・ぎた女房だ」「これに―・ぎる名誉はない」

  1. (「…にすぎない」の形で)ただ…であるだけのことである。それ以上のものではない。…でしかない。「小学校時代はごく平凡な生徒に―・ぎなかった」「今日の事件は氷山の一角に―・ぎない」

  1. (動詞の連用形、形容詞・形容動詞の語幹などに付いて)行為・状態などが度をこえている。はなはだしく…する。または、はなはだしく…である。「めだち―・ぎる」「働き―・ぎる」「テレビの音が大き―・ぎる」「欲がなさ―・ぎる」「地味―・ぎる着物」

  1. 生活する。生計を立てる。

    1. 「薪をとりて世を―・ぐるほどに」〈宇治拾遺・一〉

  1. 一生が終わる。死ぬ。

    1. 「ま草刈る荒野にはあれど黄葉 (もみぢば) の―・ぎにし君が形見とそ来 (こ) し」〈・四七〉

  1. 10 やりすごす。

    1. 「そしり笑はるるにも恥ぢず、つれなく―・ぎてたしなむ人」〈徒然・一五〇〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫