すぐ【直ぐ】 の意味

  1. [形動][文][ナリ]
  1. 物の形などが、直線的で曲がっていないさま。
    • 「百折れ千折れ、五間とは―に続かぬ坂道を」〈漱石虞美人草
  1. 人の性質などがまっすぐであるさま。正直。すなお。「直ぐな心の持ち主」
  1. ありのままであるさま。
    • 「―に知らせ奉ってはあしかりなん」〈平家・二〉
  1. [副]
  1. 時間をおかないさま。ただちに。「連絡があれば―対応する」
    • 「兄は―と威丈高 (いたけだか) に母へ食ってかかりました」〈芥川・雛〉
  1. 手数がかからないさま。容易に。簡単に。「交番で聞けば道順は直ぐわかります」「この問題なら直ぐ解ける」
  1. 距離的に離れていないさま。「店は直ぐ目の前にある」「直ぐ近くで火事が出る」→直ぐと直ぐに
  1. [用法]すぐ・[用法]じき――「すぐ(じき)覚えられますよ」など、相通じて用いられるが、「じき」のほうが口語的でくだけた感じがある。◇距離をおかないようすの意では、「すぐ」も「じき」も使えるが、「すぐ」の方が普通である。「すぐ(じき)近くの図書館」◇時間をおかない意の「すぐ」「じき」は過去についても未来についても使う。「すぐ(じき)発車する」「すぐ(じき)着いた」◇類似の語「ただちに」は、「全員ただちに出発せよ」など、「すぐに」と同じように用いるが、文章語的で、多く命令などに用いる。
  • すぐ【直ぐ】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 戸は直ぐに開きました。

      芥川竜之介「アグニの神」

    • 直ぐ彼れの馬の所に飛んで行った。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・しかしそれも退屈だと見えて、直ぐに飛び上がって手を広げて、赤い唇で春の空気に接吻して「まあ好い心持だ事」といった。

      著:アンドレーエフレオニード・ニコラーエヴィチ 訳:森鴎外「犬」