あいのやま‐ぶし〔あひのやま‐〕【間の山節】 の意味

  1. 江戸時代、間の山で、代々、お杉・お玉と名のる女性が簓 (ささら) ・三味線に合わせて歌った俗謡。
  • 名詞