す‐く・う〔‐くふ〕【巣くう】 の意味

  1. [動ワ五(ハ四)]
  1. 巣を作ってすむ。「軒にツバメが―・う」
  1. よくない人間が集まって住む。「暴力団の―・う町」
  1. 悪い考えや病気などが宿る。「妄想が―・う」「病魔が―・う」
  • す‐く・う〔‐くふ〕【巣くう】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・馬の尾に巣くう鼠はありと聞けど。

      泉鏡花「海の使者」

    • ・・・げに偽りという鳥の巣くうべき枝ほど怪しきはあらず、美わしき花咲きてその実は塊なり。

      国木田独歩「おとずれ」

    • ・・・僕自身へ巣くう生半可な態度は、おそらくいつまでもつづくことと思われます。

      太宰治「虚構の春」