出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本神話の神。古事記では神産巣日神 (かむむすひのかみ) の子、日本書紀では高皇産霊尊 (たかひむすひのみこと) の子。体の小さい神で、大国主神と協力して国づくりを行い、のち、常世国 (とこよのくに) に帰った。医薬の神とされる。少彦名命 (すくなびこなのみこと) 。すくなひこなのかみ。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉