すくね‐びな【宿××雛】 の意味

  1. 絵の具で彩色した土製のひな人形。享保年間(1716~1736)に流行。
  • 名詞