出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]
  1. 驚きや恐れ、極度の緊張などのためにからだがこわばって動かなくなる。「断崖絶壁の上に立って足が―・む」

  1. からだが小さくなる。「恥ずかしさのあまり身が―・む」

  1. 態度がかたくなる。

    1. 「いと物遠く―・みたるさまには見え給はねど」〈・椎本〉

  1. 紙・布などが、かたい感じになる。こわばる。

    1. 「唐の紙のいと―・みたるに」〈・梅枝〉

[動マ下二]すくめる」の文語形。

出典:青空文庫