• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いせものがたり【伊勢物語】 の意味

  1. 平安時代の歌物語。作者・成立年未詳。多く「むかし、男(ありけり)」の冒頭句をもつ125段から成り、在原業平 (ありわらのなりひら) と思われる男の生涯を恋愛を中心として描く。在五が物語。在中将。在五中将日記。

いせものがたり【伊勢物語】の慣用句

  1. いせものがたりしょうもんしょう【伊勢物語肖聞抄】
  • いせものがたり【伊勢物語】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・『枕草子』と『伊勢物語』の二冊である。

      太宰治「作家の像」

    • ・・・その拠るところは『伊勢物語』に墨多あるいは墨田の文字を用いているにあるという。

      永井荷風「向嶋」