あい‐ば〔あひ‐〕【合(い)端】 の意味

  1. 石積み工事で、積み上げる石と石との接合する部分。合い口 (くち) 。
  1. 鉄道で、レールとレールとの継ぎ目に残してあるすきま。高温の季節に鉄が伸長することを予想してあけてある。
  • 名詞