出典:デジタル大辞泉(小学館)

歌舞伎十八番の一。世話物。一幕。正徳3年(1713)「花館愛護桜 (はなやかたあいごのさくら) 」の二番目として、江戸山村座で2世市川団十郎が初演。宝暦・明和(1751~1772)ごろ、現在の形がほぼ完成。郭 (くるわ) を舞台に、河東 (かとう) 節を配した江戸歌舞伎の人気作品。通称「助六」。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉