すさ・ぶ【荒ぶ/進ぶ/遊ぶ】 の意味

  1. 《上代は上二段活用であるが、平安時代ころから四段にも活用するようになった》
  1. [動バ五(四)]
  1. 気持ちや生活態度にゆとりやうるおいなどがなくなる。とげとげしくなる。荒れる。「心が―・ぶ」
  1. 細かいところにまで注意が求められる芸などが荒れて雑になる。「芸が―・ぶ」
  1. ある方向にいよいよ進む。特に、雨・風などの勢いが増す。「嵐が―・ぶ」「吹き―・ぶ」
  1. 勢いが尽きて衰える。
    • 「降り―・ぶ時雨の空のうき雲にみえぬ夕日のかげぞうつろふ」〈風雅・冬〉
  1. (遊ぶ)気の向くままに何かをする。慰み興じる。もてあそぶ。
    • 「目とどめ給ひて…など、書き添へつつ―・び給ふ」〈・若菜上〉
  1. [動バ上二]
  1. (遊ぶ)心のおもむくままにする。あそび慰む。
    • 「絵はなほ筆のついでに―・びさせ給ふあだごととこそ」〈・絵合〉
  1. (動詞の連用形について)勢いが激しくなる。さかんに…する。
    • 「朝露に咲き―・びたる月草の日くたつなへに消 (け) ぬべく思ほゆ」〈・二二八一〉