出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]《「杜」は宋の杜黙 (ともく) のこと、「撰」は詩文を作ること。杜黙の詩が定形詩の規則にほとんど合っていなかったという「野客叢書」の故事から。「ずざん」とも》
  1. 詩や文章に、典拠の確かでないことを書くこと。また、その詩文。

  1. 物事がいいかげんで、誤りが多いこと。また、そのさま。「杜撰な管理」「杜撰な計画」

[派生]ずさんさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース