出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 律令制で、中務 (なかつかさ) 省に属し、書籍・経典や紙・筆・墨などを管掌し、また、国史編纂 (へんさん) をつかさどった役所。ふみのつかさ。

  1. 明治官制宮内省に属し、主として皇統譜の編集、詔勅の保管などを管掌した役所。としょりょう。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉