(すすき)の穂にも怯(お)・ず の意味

  1. ほんのわずかなことにもびくびくすることのたとえ。薄の穂にも怖じる。