出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1579~1655]江戸初期の禅僧・仮名草子作者。三河の人。名は重三 (しげみつ) 。徳川家康秀忠に仕えたが、のち出家。曹洞 (そうとう) 禅を修め、独自の仁王禅を唱えた。諸国を遍歴し、教化のために著述。仏教書「盲安杖 (もうあんじょう) 」「万民徳用」「破吉利支丹 (はキリシタン) 」、仮名草子「因果物語」「二人比丘尼 (ににんびくに) 」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉