出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治末期から大正期にかけての総合商社。明治期、砂糖・樟脳 (しょうのう) の取引に始まり、第一次大戦で巨利を得、急速に諸企業を傘下に収めてコンツェルン化したが、戦後の恐慌に続く昭和2年(1927)の金融恐慌で、倒産。