出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 大名屋敷などで、中奥と奥の境の出入り口。大きな鈴を掛け、それを鳴らして用事を通じた。お鈴口。

  1. 亀頭 (きとう) の異称。