あい‐ばさみ〔あひ‐〕【相挟み】 の意味

  1. 数人で一つのものを箸 (はし) で挟み合うこと。また、箸から箸へ受け渡すこと。火葬の骨揚 (こつあ) げのときの習慣で、日常はこれを忌む。
  • 名詞