出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. スズキ目スズメダイ科の海水魚。全長約15センチ。体はタイに似て側扁し、紫黒色で、背びれの後部下に白色斑があるが、死ぬと消える。本州中部以南の岩礁にすむ。食用。福岡地方では「あぶってかも」とよび、塩干し品として珍重。

  1. スズメダイ科の海水魚の総称。温帯域から熱帯域の岩礁・珊瑚礁にすむ。ソラスズメダイ・デバスズメダイ・クマノミなど小形で美しいものが多く、飼育しやすいので観賞魚ともされる。

[生物/動物名]カテゴリの言葉