出典:デジタル大辞泉(小学館)

同系色で、上方を淡くし、下方をしだいに濃くする染め方や織り方。甲冑 (かっちゅう) の威 (おどし) では、上方を白、次を黄とし、しだいに濃い色とする。