出典:デジタル大辞泉(小学館)

花虫綱イソギンチャク目の腔腸 (こうちょう) 動物の総称。浅海の岩石などに付着。体は柔らかく円筒形で、上端中央に口があり、その周囲に触手が並ぶ。触手に刺胞があり、毒液を獲物に注入して捕らえる。不消化物は口から排出。接触や刺激にあうと体を縮め、巾着のひもを締めたようになる。触手をのばした姿から石牡丹 (いしぼたん) ともいう。 春》「岩の間の―の花二つ/王城」