出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ガ五(四)]

  1. 早く目的を達するように行動する。早くやろうとする。「完成を―・ぐ」「解決を―・ぐ」「―・いで仕上げる」

  1. 早く行き着こうとする。早く進む。「帰宅を―・ぐ」

  1. 気持ちがせく。「功を―・ぐ」

  1. 準備する。用意する。

    1. 「このごろはよろづ忘れて、このことを―・ぐ」〈かげろふ・中〉

[可能]いそげる
[用法]いそぐ・[用法]せく――「せくな、いそぐな、あわてるな」は意図的に類義の語を対比させた表現。◇「いそぐ」は、短時間で何かをしようとする意で、時間に重点があり、「せく」は、「あわてる」「あせる」に近く、気持ちに重点がある。だから「心せくままに帰路をいそぐ」の文では、両語の入れ替えは出来ない。◇「いそがば回れ」は、行動の早さを示す「いそぐ」の用法。「せいては事を仕損ずる」は、心が落ち着いていない状態を示す「せく」の用法。◇類似の語に「あせる」がある。思い通りに事が運ばなくて落ち着かない、焦慮する、いらいらする、の意。