出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. すっく」に同じ。

    1. 「褄 (つま) を合せざまに―と立った」〈鏡花・眉かくしの霊〉

  1. ある範囲内のすべてにわたるさま。すっかり。そっくり。

    1. 「土の面が乾いていた。それから大地が―乾いた」〈中勘助・鳥の物語〉

  1. 水を少なくして固めに飯を炊くさま。

    1. 「雪の白搗 (づ) き―と鹿の子斑 (まだ) らに黒豆散らし」〈浄・大織冠