出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 戦国時代、武家が野武士や野盗であった者を取りたてて使った間者。乱波 (らっぱ) 。忍びの者。

  1. ぬすっと。すり。かたり。

    1. 「それがしは京田舎走りまはって、かくれもなき―ぢゃ」〈虎清狂・禁野

  1. うそ。うそつき。

    1. 「男たらしの―より」〈浄・廿四孝