出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ下一]

  1. うまく収まっていた物が、何かの拍子に、抜けたりはずれたりする。「強振したバットが手から―・ける」「ドアの取っ手が―・ける」

  1. 野球などで投げたボールが手もとが狂って思わぬ所に飛んでいく。「カーブが―・ける」

  1. そこにいるはずの人がこっそりと抜け出す。

    1. 「酒代 (さかて) 鍋焼の取替へ銘々二三十匁 (もん) づつ損かけなぶして、江戸大坂へ―・け」〈浮・世間猿〉