出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]
  1. 全体を余すところなくおおうさま。「頭からすっぽり(と)布団をかぶる」「雪にすっぽり(と)おおわれる」

  1. 物がうまくはまりこむさま。また、はまっている物が抜けてしまうさま。「指がビール瓶の口にすっぽり(と)はまる」「人形の首がすっぽり(と)とれてしまう」

[名]愚か者。まぬけ。
    1. 「やい宇治太郎の―め、なんと此のあはうが智略を見たか」〈浄・天鼓〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース