出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. カメ目スッポン科の爬虫 (はちゅう) 類。淡水産のカメで甲長約35センチ。甲はほぼ円形で軟らかく、暗青灰色。くびが長く、吻 (ふん) 部は管状。あごの力が強く、よくかみつく。北海道を除く日本各地、朝鮮半島、中国、インドシナ北部の河川にすむ。食用。民間で薬用にする。かわがめ。どろがめ。まる。

  1. 歌舞伎劇場で、本花道七三 (しちさん) にある方形の切り穴。床板が上下し、多くは妖怪変化などに扮 (ふん) した役者の出入りに使用される。

  1. 和船の船底の水をくみ取るためのポンプ。