いそのかみ‐の‐ちゅうなごん【石上中納言】 の意味

  1. 竹取物語の登場人物で、かぐや姫に求婚する貴公子の一人。姫に燕 (つばくらめ) の子安貝を求められ、自らそれを取ろうとして失敗、負傷して死ぬ。石上のまろたり。