出典:デジタル大辞泉(小学館)

喪など忌み事のある家の火を用いること。一般には「合い火を食う」といってきらった。→別火 (べっか)