出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ある人・物と他の人・物とが、互いに頼り合う間柄であること。

  1. 論理学で、ある事物の存在・状態・価値などが、他の事物によって規定され、制約される関係。原因に対する結果、目的に対する手段、理由に対する帰結など。依属。